おしらすでござる

800gと550gで生まれた双子の成長記録(+雑記)

【まさか楽しく仕事ができる日が来るとは】しらす、楽しく仕事するには信頼関係が重要なんだなということを再認識する

f:id:sirasupapadon:20190107160844p:plain

どうも、スーパーの魚屋でパートしてます。しらすです。

育児制度を利用して一時的にパートやってます。
www.osirasu.com


ま、いずれは社員で復帰するつもりなんですがね。


さて、パートとして半年が経ちました。


今の店舗に配属してすぐの頃なんかは『うわー、全然歓迎されてねー。風当たりキツー。』と最悪の環境で働いていた僕ですが、半年経って、事態は好転。


今ではすっかり楽しく仕事をしています


もともと魚屋の仕事は嫌いじゃない

魚屋の作業ってそれなりに肉体労働なんですが、僕は嫌いじゃありません。


朝出勤すると、魚が入っている発泡スチロールが山のように積んであって、朝イチでその山を見たときは『うわっ、多っ!きっつ!』なんて思ったりもします。

でも、魚をさばいているウチに『これらを開店までにさばくオレ、最高!見て?この商品化。絶対売れるわ、これ。』と少々ランナーズハイになりつつ、処理していく爽快感が大好きです。


あと、魚屋って対面式の構造になってるとこが多くて、お客さんの反応が直に見ることができます。

少々ナルシストにも似た感覚でおろした魚たちが売れていく。


『今日のお魚いいわねー』なんて声が聞こえてきた日には気分も最高です。(ま、今時そんなこと言いながら買い物してる人は珍しいですが)


旬を売り場で表現できるのも魚屋の魅力のひとつ。

今なんて“寒”の季節だからメチャクチャ魚旨いですよ。

寒ブリって聞いたことありませんか?今のブリは脂もノってるし、鮮度も抜群です。

牡蠣も今の季節は粒が大きくてプリプリしてますし、旨味も濃厚。

鍋には欠かせないタラも今が一番脂がのっててプリプリです。


ホント魚屋って楽しいんですよー!


ただ誤解を生んではいけないので言っておきますが、仕事は『大好き!』ってワケではなくて『嫌いではない』レベルです。ホントのホントです。

好きなことを楽しめるのも環境次第

ただ、そんな好きなことも周りの環境次第では、楽しく感じることができなくなります。

他のメンバー、あるいは上司との関係で大いに変わってきますよね。

  • 疎外感がある
  • 当たりがキツい
  • そもそも仕事が回ってこない
  • 信頼もされていない

目の上のたんこぶ扱いされていては楽しめるモノも楽しめません。


数ヵ月前の僕は完全にこれで、『結局やっても意味ないしな、どーせ当たりキツいし』『はよ時間過ぎろ』『職場の空間がもう無理だわ』なんて状態でした。

そして信頼されてない相手を、こちらも信用なんてするわけもなく、一種の『冷戦』のような空気感で仕事をしていました。


こんなの仕事が楽しくなくて当然ですよね。

徐々に生まれてきた信頼関係

そんな冷戦状態の中で働いてたもんですから、『今の店舗では仕事を楽しめることは絶対ないな』なんて思ってました。実際楽しくなかったし。


でも、そんな中でも、『やっぱり仕事やし、手を抜くわけにはいかない』『そもそもそんなことしたらお客さんの迷惑になる』『自分に出来ることは精一杯やろう』と考えて働いてきました。

そして、そんな中でも、メンバーの動きとか作業の流れも把握できてくるわけで、『今、この人のこれを手伝えば助かるだろうな』『この作業をさっさと終わらせてフォローに回ろう』『潜在的な作業があるかもしれない。手伝えることはないか聞いてみよう』そんな立ち回りをしてきました。


すると、周りの人たちの見る目も変わってきます。

  • こいつ仕事に真面目やん
  • こいつがいることで楽になることもあるな
  • こいつなかなか周り見て仕事しよるやん
  • こいつ働く時間少ない分、なんとかしようとしとるな

実際聞いたことないので、ホントにそう思われてるかはわかりませんが(笑)

でも、少しずつ周りの対応も変わってきたので、印象が良くなっていることは間違いありませんでした。


少しずつの信頼の積み重ね。たった半年ですが、いい方の印象の積み重ねによって徐々に信頼関係を築くことができました。


今では世間話をしたり、冗談を言い合える間柄にまで成長しております。

育児制度の先入観が人間関係を崩していた?

そもそも、『育児制度に対する先入観』が初期の最悪な職場環境を作っていたような気もします。


決して制度を利用してる側が『楽をしよう』なんて思ってなくても

  • 拘束時間が短いとか楽でいいわね
  • 育児の片手間で仕事してるんでしょ
  • 社員からパートになったからって楽できると思わないでね
  • 人がいないんだから自分だけが楽できると思わないで

とか考えてる人も少なからずいると思うんですよね。(もちろん快く迎えてくれる人もいますが)


『育児制度の先入観』を払拭したうえで、そこから更に『信頼関係を築く』。


僕はたまたまラッキーでここに辿り着けましたが、結構なパワーが必要でした。(瀕死の重症)

まとめ:今ではすっかり楽しく仕事をしています

『当てにしてもらえる嬉しさ』これほど嬉しく感じたことはありません。

『信頼されている大事さ』仕事をする上で、人間関係を作る上で、これほど大切なことはありません。

『笑顔で笑い合える関係』仕事を楽しくするエッセンスのようなものですかね。


パートになって半年。

拘束時間も、通勤時間も、そして職場環境も。

かなり理想的な働き方ができるようになりました。

題名にも書いた通り『まさか楽しく仕事ができる日が来るとは』考えもしていませんでした。


今では上司も他のメンバーも、一方的に助ける(手伝う)だけでなく、助けてくれるようになりました。


それもこれも信用の積み重ねによって生まれた信頼関係がなせる技。背中を任せて共に戦う仲間が出来たからこそできる助け合いなのでしょう。


あと、どれくらいの時間を今の職場で過ごすかわかりませんが、許される限り、今のメンバーで頑張ろうと思います。


あー、やっと楽しくなってきた!


ちなみにパートに関して書いている過去の記事はこちら。
www.osirasu.com
www.osirasu.com
www.osirasu.com
www.osirasu.com


この記事とのギャップを楽しんでもらえると嬉しいです(笑)


終わり。