おしらすでござる

800gと550gで生まれた双子の成長記録(+雑記)

【福の呼び込みすぎ注意!】恵方巻を食べて蕁麻疹を発症した話

f:id:sirasupapadon:20190117145659p:plain

どうも、スーパーの店員しらすです!


先日、こんな記事を書きました。
www.osirasu.com


この記事の中に『恵方巻を平和にGETしたいなら予約することをオススメします』みたいなことを書きました。


予約すること・・・

予約・・・

予約パンフレット・・・


はい、そうなんです。恵方巻にも予約パンフレットが存在するんです。


ブログを普段から読んでいただいてる方は察して下さっているかもしれませんね?
www.osirasu.com
    

この記事は『スーパーの闇』と共にお届けする、私、しらすの新入社員時における『恵方巻に関する経験談』をまとめた記事である。

恵方巻には2種類の恵方巻がある

これは、スーパーにもよるかもしれませんが、僕が勤めているスーパーには『お魚コーナーの恵方巻』と『お惣菜コーナーの恵方巻』があります。

お魚コーナーの恵方巻の特徴

ネタにこだわった恵方巻

まぐろは本マグロを使用し、サーモンは鮮度抜群の生サーモン、その他ブリや鯛など、生ネタにこだわった食べごたえ抜群の恵方巻


ボリューム満点のため、普通なら1本食べれば満腹になる。


ネタにこだわっているため、お値段少々高め。

お惣菜コーナーの恵方巻の特徴

魚屋の恵方巻に比べると、使用するネタのレベルは若干下がるが、それでも十分美味しい恵方巻


解凍物のネタをメインに使用しているため、価格が安くお求め易くなっている。(海鮮ネタを使用していないものもある)

ただ、十分食べごたえはある。

また、バリエーションも豊富で、ボリューム満点の1本ものから、ハーフカットされた恵方巻が5本セットになったものなど、様々な家族の形にお答えできる品揃えとなっている。


いや、惣菜屋有利!!!

『魚屋VSお惣菜屋』の構図で行われる営業対決

そもそも『同じスーパー内で部門が違うというだけで競いあわなければいけない』のがおかしいと思うのですが、恵方巻の予約獲得は『魚屋VS惣菜屋』の構図で行われています。


で、この営業合戦、新入社員同士の、


仁義なき戦い


なんです。


予約パンフには『予算』なるものが存在します。

当然、恵方巻の予約にも予算がありまして、『目標○○本!』みたいな目標があります。

そして、恵方巻の場合は部門が2つあるので、ここに構成比が追加され、『魚屋:惣菜屋=50%:50%』みたいな感じで予算が割り振られます。

例えば、店舗の恵方巻予算が『100本』だとすれば、『魚屋50本』『惣菜屋50本』がそれぞれの部門の目標件数となります。


ただ、ただよ?例えば従業員が100人しかいない店舗に予算が『100本』ってくるとするじゃないですか。

で、魚屋で『50本』、惣菜屋で『50本』の目標件数が割り当てられるとする。

恵方巻って、一般のお客さんからの予約ってそこまで入らないんですよ。


つまり、何が起こるかというと、


従業員100人を奪い合う魚屋と惣菜屋の構図


が出来上がるわけなんです。


おまけに、こういった営業って、大概、新入社員の仕事になります。


仮に魚屋の僕が予約活動で店内回ってなくて、惣菜屋の新入社員(同期)が一生懸命回ったとしましょう。

すると、途中経過で『魚屋:惣菜屋=3:7』みたいな構成比になっちゃう。

『おい、しらす惣菜屋の新入社員、メッチャ予約活動しとったけど、お前、大丈夫なの?』って上司に発破をかけられる。

『ちょ!おま!惣菜屋のお前(同期)よ!なにやっちゃってくれてんの!?必死か!?必死なのか!?』出遅れてから、必死に同期を説得するも『いや、お前が回ってなくてラッキーだったわ。おかげで予算いっちゃったもんねぇぇぇ!!!』だって。


同期のバカぁぁぁ!!!(予約活動してなかった僕が悪い)


ホント、予約活動の店内競合は仁義なき戦いです。

ゆすりをかけるしらす


『(クリスマスケーキ担当者に)あ、お疲れ様です!ちょっと恵方巻で苦戦してるんですよねー。マジでヤバいんですよ。あ、そういえば、僕、クリスマス時期に予約のケーキ食い過ぎて胃もたれしたんスよ。いやー、毎日ケーキ食うのしんどかったッスわー(笑)え、恵方巻一本追加で買ってくれるんですか!?あざーッス!!!』


僕がクリスマス時期にためらいなく予約ケーキを買う理由はここにあります(笑)


ちなみにこんな言い方しなくても、スーパーの先輩方は、皆さん率先して買ってくれます。

スーパーって年間を通して、色々な予約活動があるんですよね。


新茶、こどもの日、母の日、父の日、お中元、土用の丑ボジョレー・ヌーボー、クリスマスケーキ、お歳暮、おせち、恵方巻、ひな祭りなどなど、細かいものまで挙げればキリがないくらいあります。


よく言えば『持ちつ持たれつ』。

悪く言えば『ゆすり合い』。


スーパーでは日夜、こんな戦いが繰り広げられていますよ(社員限定)

予算を達成させるために自分でも注文する

出遅れた新入社員しらすは、自爆に走ります。


当時、僕は実家に暮らしていたので、家族分の恵方巻を購入。

それでも予算がギリいかない。ヤバい!?どうする!?どうするしらす!?


・・・あ、閃いた!ひらめいちゃった!


昼食に2本食って、夕食にも2本食えばいいんじゃん!


ということで、合計8本の恵方巻を購入することになりました。


この判断が、後に悲劇を生むとも知らずに・・・。

節分当日に恵方巻にがっつく

そんなこんなで、辛くも予算を達成させたしらす


節分当日を迎えます


節分の魚屋は大忙し。

前日の仕込みはもちろん、当日には大量の生ネタを仕込まなくてはいけません。(イワシも売らないといけないし)

段取りが狂って、売場に恵方巻が並ばなければ、売り場が戦場と化してしまいます。
www.osirasu.com


前日の夜遅くまでの仕込みで、すでにフラフラ。(新入社員の時は慣れてないから尚更)

当日も朝からくっそ早く出勤して、開店する頃にはもうすでにフラフラ。(新入社員の時は慣れてないから尚更)

そんなこんなで、ようやく昼飯にたどり着きます。


この日の昼飯はもちろん、『生ネタたっぷり』ボリューム満点の恵方巻!!!


いただきまーす!


・・・。


・・・・・・。


・・・・・・・・・・(  ̄- ̄)←恵方を向いて黙々と食べる


(っしゃー!1本目完食!腹いっぱいだけど、2本目いけるっしょ!)←学生ノリ


・・・。(は、腹が)


・・・・・・。(もうちょっと・・・)


・・・・・・・・・・(  ̄- ̄)←ただひたすら恵方を向いて黙々と食べる


完 食 !


この頃の僕は、働き始めて1年弱が経っていましたが、(今思えば)まだまだ学生気分が抜けきっておらず、『いけるいけるー!』なんてノリと勢いで無理をして生ネタたっぷりの恵方巻を2本も食べてしまいました。

しらす、病院送りになるってよ

腹が苦しいぐらいパンパンになったしらす

午後からの勤務に入るやいなや、


(あれ、なんかちょっと息苦しい・・・?)


時間が経つごとに、


(あれ、少しめまいがする・・・?)


動けば動くほど、


(なんか全身が異常にかゆい!!!)


体に異常を感じた僕は、いてもたってもいられず、トイレにかけこみました。


確認してみると、


全身が赤くなって蕁麻疹がでている!


おまけに息苦しいし、めまいもする。典型的なアレルギー症状ですね。


でも仕事に戻らないと。今日の売り場は戦場なのだから。

誰が品だしすんのよ?誰があのお客さんの波をくぐりぬけられんの?オレしかいない。立て、しらす。立て立て立てたてたてたてtatetatetate・・・


そんな葛藤をしながら、トイレでうずくまっていると、一人の先輩が入ってきました。


『ちょ!おま!!!顔じゅう蕁麻疹だらけやんけ!!!』


しらすは病院送りになった

まとめ:福を取り込みすぎると蕁麻疹が出るから気をつけて!

以上、恵方巻のハートフルエピソードをスーパーの闇とともにお届けしました。


その後は、先輩に病院に連れて行ってもらって、アレルギーの点滴をうってもらいました。

蕁麻疹はみるみる引いて、なんとか体調も元通りになりました。(先輩にはご迷惑をおかけしました。サーセン)


どうやら、ヘトヘトの抵抗力が落ちた体調で、生ネタたっぷりの恵方巻を大量に食べた結果、抗体が生ネタを処理しきれず、蕁麻疹を発症してしまったようです。


ちなみにそれ以来、魚を食べるとブツブツが出る体質になってしまい、この日をもって、魚の食べられない魚屋が完成しました(汗)

ただ、アレルギー検査をしても陽性反応は出ないので、本能レベルで体が魚を拒否してるのかもしれません。


皆さん、明日は節分です。


・・・が、くれぐれも


福の取りすぎには注意して下さいね!


マジでブツブツできるから


以上、『恵方巻の早食い選手権が行われました』というニュースを見て、心が震えたしらすがお送りしました!


歴史は繰り返す


終わり。


今週のお題「わたしの節分」